大晦日となりました。   

2008年 12月 31日

 もう大晦日です。今年の締め12月の星空観察の目玉はふたご座流星群でした。満月がふたご座のすぐそばの輻射点にあるにもかかわらず活発で明るいものが飛んでくれ写真にも収めることができました。
f0047593_1433831.jpg

2008年12月13日撮影
 また12月の21日にもマイナーですが、こぐま座流星群もありました。月明かりもなくこちらは条件がよく二時間程で14~15個見れたのですが、ふたご座の時と比べ相当明るいのがなく写真に鮮やかに写るほどのものが撮れませんでした。
f0047593_1412292.jpg

2008年12月21日撮影
 北斗七星の柄杓のそば写真上部真ん中より少し右よりにうっすらとしか流星が写っていません。
 そして、今年最後のムササビの写真です。歳末の寒波もヘッチャラ元気に飛び回ってました。
f0047593_14215870.jpg

2008年12月29日撮影
 よいお年をお迎えください。
[PR]

# by musasabiman | 2008-12-31 14:26 | ムササビ日記

11月の結果報告です。   

2008年 11月 28日

 11月の結果報告です。11月上旬から中旬にかけて緩やかなピークでおうし座流星群がありました。数は少なかったですが時折明るいのが観察できました。
f0047593_6103051.jpg

2008年11月2日撮影 オリオン座方面
 11月半ばに有名なしし座流星群もありましたが極大日は雨。次の日は晴れましたが下弦の月明かりがあり条件は悪かった。しかしそれ以前にツキがなかった。カメラを向けている方向にとてつもなく明るいのが流れたにもかかわらず一瞬遅くシャッターを切れなかった。その時は撮れたと喜んでいたのに帰ってからガッカリです。写真はその直後に出たそれほどでもないやつです。
f0047593_6242975.jpg

2008年11月19日撮影 おうし座方面
 そしてムササビです。
f0047593_6264097.jpg

2008年11月24日撮影
[PR]

# by musasabiman | 2008-11-28 07:32 | 星景写真

後を追うようにムササビが飛んで行きました。   

2008年 10月 23日

 10月21日22日と極大日だったオリオン座流星群でしたが、結構好天だったのにもかかわらず昨年一昨年のような派手な火球も見れず当てが外れた結果となりました。21日より22日のほうが雲も割合多かったのですが幾らか多く見れました。ふたご座付近に下弦の半月があったのも大きかったと思います。
f0047593_12404575.jpg

2008年10月22日撮影  おうし座方面
 流星を待っているとケヤキの梢からムササビがこちらの方に向かって飛んで来ました。30秒もしないうちにもう一匹飛んで来ました。親子だったのか、それともそろそろ発情期の頃かもしれません。
f0047593_14364948.jpg

2008年10月22撮影
[PR]

# by musasabiman | 2008-10-23 14:45 | ムササビ日記

ブログのスキン変えてみました。   

2008年 10月 15日

f0047593_14203829.jpg
 
写真2008年10月2日撮影 オリオン座の下方ムササビが飛んでます。
 秋も深まってきましたし、ブログのスキンも変えてみました。10月はまた流星群の季節です。先日10月9日はジャコビニ流星群でした。りゅう座方面なので夜明け前は北の空に沈んでしまって条件は悪かったのですが、好天に恵まれ2時間程の間に3個明るいのが見れました。10月21日は去年楽しめたオリオン座流星群ですので、楽しみにしています。
f0047593_14243844.jpg

写真2008年10月9日撮影
[PR]

# by musasabiman | 2008-10-15 14:27 | ムササビ日記

食欲の秋になりました。   

2008年 09月 15日

 九月も半ばくらいになると夜明け前はとても涼しく、また蚊等にも悩まされることもなくなり快適な季節になりました。秋といえば食欲が増す時期ですが、先日満天の星空の日に撮影の準備をしていると辺りでガサゴソとうろつく音がします。たぶんタヌキかウサギだと思いながら驚かさないように静かに設置しているとすぐそば2~3mくらいまで近づいて来ました。こんなにそばまで来るのはタヌキやウサギじゃないなと思っていると「ブゥフォ、グゥズッ」なんて鼻を鳴らして地面をあさってます。やっぱりイノシシでした。体長70cm位のまだ若い個体でした。でも六甲山のイノシシでもないのにこんなにそばまで近づいて来たのは初めてでした。やっぱり食欲の秋ですか、人も気にせず食べるのに夢中のようでした。写真を数枚撮るとさすがに嫌ったのか藪の中に消えてしまいました。
f0047593_8354763.jpg

2008年9月10撮影
 夜明け前に東の空からオリオン座が昇ってくる季節になりました。
f0047593_8385223.jpg

2008年9月6撮影
[PR]

# by musasabiman | 2008-09-15 08:48 | ムササビ日記

連夜のペルセウス座流星群   

2008年 08月 21日

 8月12日を極大日としたペルセウス座流星群、幸運にも連夜の好天で流星の写真もバッチリでした。
f0047593_5155618.jpg

8月12日撮影 おうし座 プレアデス星団(スバル) ヒアデス星団
f0047593_517177.jpg

8月13日撮影
カシオペヤ座 ペルセウス座
f0047593_518216.jpg

8月14日撮影 スバル
[PR]

# by musasabiman | 2008-08-21 05:29 | 星景写真

流星群の季節がやってきました。   

2008年 08月 04日

 ホタルは七月の下旬頃まで舞っていました。がその時期、不思議なくらいホタルが飛び交う時間はムササビたちは息を潜めるかのように静まりかえっていました。ホタルは辺りが薄明るくなる頃には発光しなくなりますが、それまでの時間のホタルの発光して飛び交う様子を怪しんで警戒していたのでしょうか。
f0047593_103559100.jpg

2008年7月11日撮影
f0047593_10363624.jpg

2008年7月12日撮影 ペルセウス座方面
 しかし、ホタルの季節は終わりましたが、夏本番また流星群の季節が廻って来ました。有名なのは8月12日のペルセウス座流星群ですが、先日7月29日頃がピークだったみずがめ座δ(デルタ)流星群も晴天に恵まれて観察できました。
f0047593_10462575.jpg

2008年7月29日撮影 ペガスス座方面
[PR]

# by musasabiman | 2008-08-04 10:51 | ムササビ日記

ホタルの季節になりました。   

2008年 07月 04日

f0047593_14413567.jpg
 
写真2008年7月3日
f0047593_144331100.jpg

f0047593_14435673.jpg

写真2008年7月4日
 今年もまたホタルの季節になりました。6月の下旬頃からムササビを観察しているこのスギ林にも舞い始めました。といっても夜明け前の数時間にわずか3~5匹程度が辺りをユラユラ発光しながら飛んでいるにすぎませんが。モミジやスギの枝葉や草地でじっとしながら輝いているのも入れてもたかがしれています。それでもデジタル一眼レフカメラで長時間撮影するとホタルの微光もうまく写し込めることができました。
[PR]

# by musasabiman | 2008-07-04 15:04 | 星景写真

流星が鳴り響いた!!   

2008年 05月 09日

f0047593_13434191.jpg
     写真2008年5月8日撮影 
写真上部真中こと座のベガ、以下ヘルクレス座、かんむり座
 つい先日までの好天続きのおかげで5月6日を極大日としたみずがめ座η(エータ)流星群の観察はとても楽しいものになりました。流星の輻射点であるみずがめ座は、この時期夜明け前東の空低く夏の大三角形のわし座のアルタイルの下方にあります。6日の極大日には明け方1時間くらいに5,6個の流星が見れました。しかし流星の撮影となると余程明るいものでないとなかなか写せません。私が持っているF値が一番明るいレンズだと50mmF値1.4ですが、デジタル一眼レフカメラなら画角が1.5倍になり画面にうまく流星をとらえることが難しくなります。結局F値3.5の18mmのレンズを使用しました。これだと感度800でもかなり明るくないとなかなか流星が写ってくれません。せっかく流星が画面に入ったと喜んでいても何も写っていないことが続きました。
 しかし8日の2時34分被写体はやって来ました。東の空から南方へとてつもなく明るい火球が黄緑色に輝きながら天空を流れて行きました。光跡には白煙のようなものがしばらく見えました。しかしそれよりも火球がブゥッシュルッルッルゥーと鳴り響きながら流れて行ったように聞こえたのには驚きました。あれは幻聴だったのでしょうか。あまりにみごとな火球に響音をイメージしてしまったのでしょうか。
 
[PR]

# by musasabiman | 2008-05-09 14:47 | 星景写真

深遠かつ神秘な世界へ   

2008年 04月 10日

 ムササビは夜行性動物。彼らに出会うためには夜の森林、闇の世界に身を置くことになります。闇、とは言っても暗闇に目が慣れてくれば暗黒の世界ではありません。深遠で神秘な空間が目の前に広がっています。
f0047593_125487.jpg
 
 トチの木 かんむり座
写真2008年2月11日撮影
f0047593_1265541.jpg

 トチの木 十三夜残照
写真2008年2月20日撮影
f0047593_1275112.jpg

 ケヤキ かんむり座 うしかい座 流星
写真2008年4月7日撮影
 そしてムササビ
f0047593_12224359.jpg

写真2008年1月25日撮影
[PR]

# by musasabiman | 2008-04-10 15:26 | 星景写真