カテゴリ:ムササビ日記( 95 )   

流星群の季節がやってきました。   

2008年 08月 04日

 ホタルは七月の下旬頃まで舞っていました。がその時期、不思議なくらいホタルが飛び交う時間はムササビたちは息を潜めるかのように静まりかえっていました。ホタルは辺りが薄明るくなる頃には発光しなくなりますが、それまでの時間のホタルの発光して飛び交う様子を怪しんで警戒していたのでしょうか。
f0047593_103559100.jpg

2008年7月11日撮影
f0047593_10363624.jpg

2008年7月12日撮影 ペルセウス座方面
 しかし、ホタルの季節は終わりましたが、夏本番また流星群の季節が廻って来ました。有名なのは8月12日のペルセウス座流星群ですが、先日7月29日頃がピークだったみずがめ座δ(デルタ)流星群も晴天に恵まれて観察できました。
f0047593_10462575.jpg

2008年7月29日撮影 ペガスス座方面
[PR]

by musasabiman | 2008-08-04 10:51 | ムササビ日記

ムササビはこの寒さもへっちゃらです。   

2008年 02月 05日

f0047593_1448159.jpg

2007年10月6日撮影
 秋には夜明け前に地平線から昇りかけていた北斗七星ももうすっかり北極星の頭上高く廻っている今日この頃、そう凍てつく様な寒い日が続いていますね。こんな関西の低山でも積雪のためフィールドまで車で行くのに結構大変です。スダットレスタイヤもしていないから当然なんだけれども。でもこの寒いのにムササビは活発に活動していますよ。落葉樹の冬芽食べるためか枝から枝へと移動しつつも、寒風の中やせた枝の上でしばらくじっとしていたり、とにかく厚い毛皮のコートがあるとはいえ元気そのものです。

2007年12月11日撮影
[PR]

by musasabiman | 2008-02-05 15:14 | ムササビ日記

今年ももう終わりですね。   

2007年 12月 31日

f0047593_16571286.jpg

2007年11月21日撮影
 今年ももうすっかり年の瀬になってしまいました。あのすばらしいオリオン座流星群から二ヶ月以上空いてしまいました。その間しし座流星群やらふたご座流星群といった有名なのがありましたが火球クラスのすごい流星の写真も撮れず、まあ天気もさほど良くなかったのもあって、ブログからも離れてました。すいません。でもその間パソコンのレタッチ術をいろいろ調べたりデジタル一眼レフカメラでいろいろな撮影を試みたりとそれなりに忙しく、ムササビバージョンの年賀はがき今年もなんとかできました。いつも送らせて頂いている皆様お楽しみにして下さい。
 それでは皆様良いお年をお迎えください。
[PR]

by musasabiman | 2007-12-31 18:44 | ムササビ日記

デジタル一眼レフカメラで星空観察もますます楽しくなりました。   

2007年 10月 18日


f0047593_14105626.jpg

2007年10月12日撮影
 夜明けの東天に昇るしし座のすぐ右下に-4等級クラスの金星とその斜め左下に土星が明るく輝いています。
 十月も中旬に入り明け方結構涼しくなりました。そのせいか夜空の星もとてもクリアーでぬけるように見れる日が多くなりました。そしてデジタル一眼レフカメラでますます星空観察も楽しくなりました。もうすぐ10月21日が極大日となるオリオン座流星群がやってきます。ムササビ観察もさることながら流星ウオッチングも見逃せません。
[PR]

by musasabiman | 2007-10-18 14:14 | ムササビ日記

ついにデジタル一眼レフカメラを買いました。   

2007年 09月 21日

 突然ですが、ついにデジタル一眼レフカメラを買いました。学生時代に一眼レフを買って以来フィルム一筋でしたが、ついに買っちゃいました。と言うか妻のおかげで買えました。以前はデジタルカメラなんて全然興味がなかったのです。いくらすごい勢いでデジタルが進化してもフィルムにはかなわない、とカメラ雑誌で読んだりしていたせいでしょうか、油絵の原画とそのコピーの違い、アニメーションのセル画とコンピューターグラフィックスの違いくらいの思い込みくらいしかありませんでした。だから同じものを同じようにとるのならまだまだフィルムだと思っていました。でもこの春頃たまたまフィルムには撮りがたいデジタルならではの天文写真に感銘を受けてから、心の底で欲しい欲しい,自分も撮りたい撮りたいと叫び続けて密かにカタログを集めてみてはため息を出していたところ、「三万円あるけどカメラ買う?」とまるで気持ちを察してくれたような妻の一言。やった、でも三万円でまともなものが果たして買えるか。しかしこのチャンスを逃すわけにはいかない。とにかくカメラ情報を仕入れまくりました。少し金額を足して壊れかけのストロボを下取りにして46800円でニコンD40とそのレンズキット、ズーム18~55mm付を手に入れました。やった。感謝。
 と言う事でまだ始めたばかりでまだまだの写真ですが、とりあえずデジタル写真スライドショーを見てください。

2007年9月13日撮影

2007年9月19日撮影
 東の空に昇るオリオン座、中央下に小犬座、左にふたご座が見えます。
[PR]

by musasabiman | 2007-09-21 15:57 | ムササビ日記

ムササビを待ちながら…   

2007年 09月 07日

f0047593_16192340.jpg

写真2007年8月撮影
 長く暑い夏も終わりまだ朝夕だけですが涼しく感じられるようになりました。先月の皆既月食も楽しめましたが、この時期夜明け前の東の空にはおうし座のスバルやアルデバランに黄色く輝く火星も見れなかなかのものです。特に山の稜線から昇ってくるオリオン座はかっこいいの一言です。満天の夜空を眺めながらムササビが滑空するのを待つのはまさに至福ですね。思わず翔る流れ星の輝きにカメラのシャッターを押しそうになる時もあります。

2007年9月1日撮影
[PR]

by musasabiman | 2007-09-07 16:46 | ムササビ日記

また随分とご無沙汰してしまいました。   

2007年 08月 03日


2007年7月31日撮影
 また随分とご無沙汰してしまいました。上のビデオの被写体は先日になってやっと撮れたアオバズクです。もう巣立ちも終えたくらいの時期ですが、親鳥か若鳥かはわかりません。ムササビが巣穴に戻った後に辺りで2,3羽で鳴き出して、近くの枝に止まったのでなんとか撮れました。


2007年8月2日撮影
 ムササビが明け方巣穴に戻って穴の奥に潜り込んだ後中からカマドウマの様な虫が出たり入ったりしてました。ひょっとして共生しているのかなぁ。
[PR]

by musasabiman | 2007-08-03 20:31 | ムササビ日記

ご無沙汰しています。   

2007年 06月 05日


2007年5月1日午後七時撮影 日が沈むとムササビの活動が始まる。他の樹木から飛んでくるとこの巣穴の中をしきりに覗いていた。 
 ご無沙汰しています。すっかり一月以上開いてしまいました。五月の前半は家庭の事情でフィールドに行くことができず、更に後半は体調を少しくずしてしまいついつき行けずじまいになりがちで、ろくに撮影もできなかったせいでブログも手付かずになってしまいました。やはり投稿する限りは動画の一つも載せたいですから。観察撮影の方は相変わらずイタチごっこならぬムササビごっこといったところですか。最近は明け方月が明るいせいかこちらの姿動きがムササビからよく見えるのかなかなかムササビの方が姿を見せてくれません。でももうそろそろホタルの季節だからムササビに会えない分楽しませてもらいましょう。ホタルはビデオに映るかな。

2007年5月28日午前4時45分撮影 明け方巣穴に戻ると眠たそうにこちらを見ていました。
[PR]

by musasabiman | 2007-06-05 15:34 | ムササビ日記

今年もアオバズクがこの森にやって来ました。   

2007年 04月 26日

 すっかり新緑の季節となりました。サクラの時期は比較的天気がよかったのですが、このところ雨か曇天が続いてしまい先日23日に極大日だったこと座流星群は1個も見れずじまいに終わりました。春は天気が不安定で春霞もあり星はあまり期待できませんが、やはり春と言えば鳥の季節です。急に明け方から騒がしくなりましたよ。そして、4月25日の明け方に今年初めてアオバズクの鳴き声を聞きました。今日は一昨年に営巣をしていたスギの大木の辺りをしきりに飛んでいました。今年はアオバズクのビデオ撮影にもチャレンジしてみようと思ってます。

2007年4月26日撮影 ヤマガラやウグイスもさえずっていますがアオバズクが鳴いています。
[PR]

by musasabiman | 2007-04-26 16:35 | ムササビ日記

ムササビが巣穴の入り口で何かをくわえてます。   

2007年 04月 04日



2007年4月4日撮影
 あの嵐の晩から数日たちました。あの巣穴に昨日そして今日と明け方にムササビが戻ってくるようになりました。気に入ってしばらくこちらを寝床にするのかなと思っていると、なんと今朝巣穴に戻ってくるや、しばらくすると巣穴からなにやらくわえて出てきました。後でビデオを見る限りではどうもムササビの赤ちゃんのようです。さすがに私との距離が近すぎるのでしょう。樹上高くにある巣穴に移動してしまいました。あの嵐の夜の前までは私が見た限りでは最近ムササビがあの巣穴を利用しているようには思えなかったのですが、ひょっとしたら赤ちゃんの育児であの巣穴にずっとこもっていたのかも。それともあの嵐の夜により安全な場所を求めて雨風の影響の少ない地上近くの巣穴に移動したのか。いろいろ憶測ができます。
[PR]

by musasabiman | 2007-04-04 11:25 | ムササビ日記