カテゴリ:ムササビ日記( 95 )   

今朝は山中マイナス3度でした。   

2006年 01月 28日

 このブログを始めてから山行用の温度計も持ち歩くことにしました。この一週間程はだいたいマイナス2度ほどです。今朝はマイナス3度でした。風がなければそれほどでもないです。今日は昨日のウサギ?の正体を見極めるべく強力なライトを用意しました。そして、案の定今日も私の潜んでいるそばにやって来ましたが、ライトを当てるやいなや、一目散に逃げてしまいました。正体わからずじまいです。
f0047593_12145430.jpg

写真2004年12月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-01-28 12:19 | ムササビ日記

ウサギ?だと思うのですが、すぐ近くの草むらを走ってました。   

2006年 01月 27日

 ブログのタイトルのムササビのグルルとクルルとは、ムササビの代表的な鳴き声です。グルルは通常威勢良くグッルッルッルッルッルゥーと高らかに鳴きます。自分のなわばりだと仲間に大声で叫んでいるようです。クルルは、かなり高い音階でクルルッ、クルルッ、クルルッ、とリズミカルによく三回まとめて鳴きます。これは警戒している時によく出す鳴き声です。
 今日はムササビを待ってじっと登山道でたたずんでいると草むらをちょこちょことウサギらしきものが走り回ってました。ライトで照らそうかと考えているうちに何処かに行ってしまいました。
f0047593_10583197.jpg
f0047593_10584241.jpg

写真2004年12月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-01-27 11:04 | ムササビ日記

少し離れた所からフクロウの鳴き声が聞こえてきました。   

2006年 01月 26日

 私がフィールドにしている里山は登山口に社寺林のスギ林があり、そのまわりにケヤキやモミジ、トチノキなどの落葉樹やカシなどの常緑樹があります。ムササビはそこで通年冬眠することもなく活動しています。
 学生時代に東京に住んでいたころには、よく高尾山にムササビの観察に行ってました。あそこのスギ林に比べたらかなりスケールは小さいです。スギもあれほど大きくなく直径1mもあるのはそう多くないです。ですので生態数は少ないと思いますが、フィールドが小さい分写真撮影がやりやすそうです。かなり近くを低空で滑空してくれることもしばしばです。ぼちぼちその写真も掲載していきたいと思っています。
 今朝は少し離れた所からフクロウの鳴き声が聞こえてきました。そろそろ繁殖のシーズンでしょう。
f0047593_111188.jpg

 写真2004年12月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-01-26 11:08 | ムササビ日記

すぐにコメントが来て感激でした。   

2006年 01月 25日

 ブログやるぞ、と思い立ち初心者のためのブログ本を読みつつ慣れないパソコンをやってます。初投稿してまだ誰にもメールで報告してないのに、もう次の日の朝見るとコメントがあり感激しました。
 今朝は寝坊して5時に起きてしまい、しかしなんとか夜明け前5時45分には撮影地でカメラを構えることができました。いつも観察に行く時はこの時期なら4時くらいなんですがね。しかし、カシの木の枝の中をごそごそ渡ってねぐらに帰るムササビの影を見ただけでした。
 
f0047593_103451.jpg

 写真2004年12月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-01-25 10:35 | ムササビ日記

ブログ始めました。   

2006年 01月 24日

 2004年の12月辺りから自宅から車で15分くらいにある里山にムササビを観察に行き始めました。カメラを携えて夜明け前の山中でムササビを待っています。今は厳冬期の1月、関西とはいえさすがに低山でも夜明け前の寒さはこたえます。でもムササビに会えたらそんなこともぶっ飛びますよ。すごい写真を目指して頑張ります。ブログを見てくれる皆さん、どうかこれから楽しみにしてください。
f0047593_14103385.jpg

 写真2004年12月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-01-24 13:58 | ムササビ日記