ムササビが巣穴に頭から潜り込みました。   

2007年 03月 07日


2007年3月5日撮影
 ムササビが頭から巣穴に潜り込むところを撮影したのですが暗くてわかりにくい映像になってしまいました。この時期は一番鳥が鳴き出す少し前の薄ら明かりの頃、およそ6時前後に巣穴に飛んで戻って来てます。そしてたいてい決まったスギやヒノキの大木から滑空してくることが多いのですが、丁度飛ぶ少し前にその樹木をつめで引っかくような、あるいは前歯でかじるような音をたてることをよくします。「ガッ、ガッ、ガッ」とか「ガリッ、ガリッ、ガリッ」とか、実際その音をたてているところを見てないのでどのようにしているのかわかりませんが、その後たいてい数分以内に飛んでくれます。まさにシャッターチャンスを教えてくれるサインそのものです。でもムササビにすれば自分のナワバリを他のムササビに示すためのサインなのかもしれません。





2007年3月1日撮影
 一番鳥が鳴き出しても巣穴の入り口からじっとこちらを見つめてました。
[PR]

by musasabiman | 2007-03-07 16:08 | ムササビ日記

<< ムササビの滑空をマルチ撮影して... ムササビが今日もねぐらに帰って... >>