ムササビは尾でバランスをとって滑空します。   

2006年 09月 14日

 以前アライグマを目撃して以来何度かまた見かけました。幼獣四匹そろって車道を駆け回っていたこともありました。この辺りでどんどん増えていったら元々生息する生物はどうなるのかと思うと心配になります。今朝は帰りがけに久しぶりに中型犬くらいの若そうな成獣のイノシシに出会いました。民家の畑を荒らしに来たようです。
 このところ秋雨のせいで星空も楽しめなくて、しかもけっこうガスっていてそのせいかムササビも動いてくれなくて滑空も見れません。たまに鳴き声がするばかりです。秋雨が続く前は好天に恵まれムササビもすぐそばで観察撮影できたのですが…。その時の話です。右方上空から丁度すぐそばにあったスギにカーブしながら滑空してきたムササビが着樹する間際に体を立てて被膜を膨らませてブレーキをかけてきたのですが、そのとき頭胴長と同じくらいの長さのある尾っぽを左右に振り子のように振ってバランスをうまくとっていた姿がとてもかわいかったですよ。
f0047593_2111316.jpg

写真2006年3月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-09-14 21:15 | ムササビ日記

<< 森林ボランティア養成講座なるも... 9月にはいってすっかり涼しくな... >>