フクロウの撮影会   

2006年 06月 08日

 以前から明け方フクロウの親子の鳴き声がそれ程離れていない所から聞こえてくることを載せてきましたが、昼間にフクロウの親子がそこでよく目撃されているとの情報を教えてもらいました。インターネットで紹介されたりしてカメラマンが何人も来てちょっとした撮影会になっているそうです。早速昼間にフィールドに行ってみると平日なのに五人ばかり大砲のような長望遠レンズを三脚に立てて今か今かとフクロウを待っているんです。いや、びっくりしましたね。私なんか300ミリの望遠レンズを付けたカメラを手持ちでぶら下げて覗きに来たもんだから恥ずかしくてフクロウを撮りに来たなんて言えませんでした。もっともその日はまだでてないみたいで、「何かいるのですか?」とそのうちの一人に聞いても「何もいない。」と随分無愛想にあしらわれてしまいました。ちょっとケチくさい気がしましたね。私がカメラを持っていたので警戒したのかな。
 ところで、フクロウの撮影会はいいとしても、なかには随分マナーの悪いのがいてフクロウの幼鳥が枝にとまって寝ているとポンポン手をたたいて起こす奴がいたそうです。目を開けているのが撮りたいのでしょうが、そこまでしてまでフクロウの幼鳥の写真を撮らなくてもいいのにひどい話です。でも自分もついすごい写真が撮りたいばかりにマナーを忘れることがないように気をつけねばとも思いました。
f0047593_1423694.jpg

写真2005年10月撮影
f0047593_142417.jpg

写真2005年11月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-06-08 14:29 | ムササビ日記

<< 写真についてあれこれ 3 写真についてあれこれ 2 >>