写真についてあれこれ   

2006年 05月 23日

 相変わらずムササビを追っかけていますが、写真についてあれこれ載せてみようかなと思います。カメラを初めて買ったのは大学二年生になったばかりの頃でその年の夏には北海道の大雪山に行ってナキウサギとか撮っていましたので比較的初めから被写体がはっきりしていたように思います。そのカメラがニコンのFE2で今でも現役でバリバリ使っています。しかしカメラを買う前から写真に興味があったのかと言えばそれ程でもなくむしろ大学一年生の頃は映画ばかり見てましたので映画のほうが作品とか知ってました。突然野生動物を撮ってみたいと思ってカメラを買ったのでもなく、カメラ欲しいなと思った時期と野生動物を見てみたいと思った時期がたまたま一致しただけだったのかもしれません。とにかく写真と言えば野生動物の写真集くらいしか興味がなくて星野道夫さんのアラスカの写真集とか特に気に入ってました。私が大学生の頃はいろいろと動物写真家が出てきた時期でもありました。大雪山とか野生動物に会えるフィールドに行くとプロでやっている写真家といっしょになったりしたこともありました。触発されて動物写真にのめり込んでいったものです。
f0047593_20133990.jpg

写真2005年10月撮影
f0047593_20142268.jpg

写真2005年10月撮影
[PR]

by musasabiman | 2006-05-23 20:15 | ムササビ日記

<< 写真についてあれこれ 2 青葉の森は協奏曲を演奏している... >>